会社情報

2003年に設立されたニュー・エイジは、小さな単一ブランドの流通業社から始まり、現在は複数のブランドポートフォリオをもつ多様化した企業へ成長しました。ニュー・エイジブランドは現在6つの成長分野で競争しています。RTD(Ready to Drink:すぐ飲めるティー、エナジードリンク、プレミアムボトルウォーター、RTDコーヒー、コンブチャ、リラクゼーションドリンクです。コロラド州に本拠を置くディストリビューションパワーハウスは当社のブランドを拡大し、小売業の浸透を維持するというユニークで持続可能な競争上の優位性を提供します。

追加資料
Document 1 download
Document 2 download
Document 3 download

社史

ニュー・エイジの歴史は継続的な革新とブランド構築であり、2003年の創業以来、重要ブランドを確保し収益は成長しています。元々は1つのブランド、アスペン ピュア ウォーターの流通業者でしたが、主流だった他社の人工的で不健康な製品にとって代わる選択肢として、消費者の関心のあった自然由来のジン ティー(Xing Tea)が作られました。ジン(Xing)は自然由来で遺伝子組み換え無し(non-GMO)の原料を使ったエナジードリンクであるジン エナジー(Xing Energy)の登場によって多様化しました。20166月、ニュー・エイジ ビバレッジコーポレーションは、アスペン ピュアの買収およびブチャライブ コンブチャ(BúchaLive Kombucha)によるジン ビバレッジの買収をしました。ニュー・エイジはその後、ボブ・マーリーの家族とのパートナーシップにより作られた評判が良く魅力的なブランドのマーリービバレッジカンパニーと合併しました。合併後、ニュー・エイジは前例のない成長を続けており、株主にとっての莫大な富の機会を確固たるものにしました。

リーダーシップ-Brent D. Willis

最高経営責任者(CEO)| Brent Willis(ブレント・ウィリス)

クラフトフーズ、コカ・コーラ(上級管理職)、アンハイザー・ブッシュ・インベブ社(CCO)、コット・コーポレーション(CEO)を歴任。アンハイザー・ブッシュ・インベブ社では世界最大のビール会社へと成長させるビジネスプランと戦略を企画実行した実績を持つ。20163月にニュー・エイジ・ビバレッジ コーポレーションCEOに就任。


最高財務責任者(CFO)| Gregory A. Gould(グレゴリー・グールド)

グレゴリー・グールドは上場企業数社でCFO(最高財務責任者)および経理担当役員を歴任。独立した経営陣および会計専門家を務める。20146月から201810月までNASDAQ上場企業数社のCFOを務める。ライフサイエンス業界の専門知識を持つ非常に熟練した財務エグゼクティブ。コロラド州の公認会計士で、コロラド大学ボールダー校で経営学の学士号を取得。


モリンダ インク社長| Randall N. Smith(ランディー・スミス)

ランディ・スミスはCFO(最高財務責任者)及び財務会計副社長として、経営管理、戦略計画、財務/税務計画、買収、海外市場における事業拡大において14年間モリンダに貢献してきた経験豊富な金融畑のビジネスリーダー。シカゴ、デトロイト、ソルトレークシティーにおいて、グローバル展開している大手会計監査法人で多国籍企業を対象とした財務、税務、組織再編などの業務に携わり、20年以上にわたる財務管理とコンサルティングの経験を持つ。南ユタ大学で経営学/会計学を専攻した後、ユタ大学で奨学生として法務博士号を取得。


最高法務・総務責任者および秘書官| Richard Rife(リチャード・ライフ)

 

韓国で10年以上国際弁護士として働いた後、ソルトレークシティーにあるネバダ州最高裁判所の事務官を経て、ソフトウェアをリードするノベル社の副社長を務めた経験を持つ。